Archive for 2月 9th, 2009

ある意味撮影会

月曜日, 2月 9th, 2009

090209_2331~0001.jpgおつかれSAN

部屋を暗くしてゲームしてたんだけど、またそのゲームが超絶怖かった…。いや前作は遊んだんだけどそれ以上に憎い演出をなさるので、ついつい制作者の意図にひっかかってしまった…。

「零」ていうゲームのシリーズなんだが、簡単に言えば心霊写真を撮影して悪霊を攻撃するというゲームだ。ただWii版はやばいな…だってコントローラーから断末魔が聞こえてくるんだぜ?

っても初代ファミコンの2プレイヤー用コントローラーのマイクで1プレイヤーの妨害をするのとはわけが違うからな?

まあ気長にクリア目指して頑張るぜ?

ただ誤解を招きかねないので言っておくが、俺のように部屋を漆黒にしてのゲームは結構危険なことだ…。

なので

◇ネガからのおNEGAい◇

よい子のみんなはテレビを見る時は部屋を明るくして離れてみるんだぜ?

そういえば

月曜日, 2月 9th, 2009

もうすぐバレンタインデーですね。

 

 

 

魔のキャバ嬢が「日本制圧のTOUR中に着れるいい感じの服が欲しいな~」とさり気に言ってました笑っ。

 

 

 

キャバ嬢にはバレンタインもホワイトデーも同じらしいぜ。おそろしや。

 

 

僕はそんな図々しい事言わないぜ笑っ。

 

 

 

 

 

その前にあんさん日本制圧出るの?笑っ。

 

 

 

ゆ~

yu_032.JPG

2マンに向けて

月曜日, 2月 9th, 2009

最終の準備中だ。

 

 

 

前回の2マンTOURの相手はあんまり話したりしたことない摩天楼オペラと一緒っていうのもあって最初は僕らも少し堅かったかもしれないけど、今回は気心も知れた相手だし初めからぶっ飛ばしていけると思う。

 

 

 

演奏時間もかなりもらえるし存分にネガワールドを展開できると思うよ。もちろん新曲達も出し惜しみしないから。

 

 

 

新曲のドラミングでゆ~さんの体が破壊されない事を祈っててくれ笑っ。

 

 

 

ゆ~

おっしゃれそ〜ちょ〜

月曜日, 2月 9th, 2009

が頭から離れません。
 
 
 
ワンマン行こうかな笑っ。
 
 
 
総長ってお茶目でかわいいよな笑っ。
 
 
 
ゆ〜

ネコが消えた街

月曜日, 2月 9th, 2009

1941年12月28日午後0時30分 ジェーニャが死んだ。

1942年1月25日午後3時 おばあちゃんが死んだ。

1942年3月17日午前5時 リョーカが死んだ。

1942年4月13日午前2時 ワーシャ叔父さんが死んだ。

1942年5月10日午後4時 リョーシャ叔父さんが死んだ。

1942年5月13日午前7時30分 お母さんが死んだ。

サビチェフ家は死んだ、

みんな死んでしまった。

残ったのはターニャ一人だけ・・・

 

 

 

「ターニャの日記」という絵本を偶然読んだ。

 

 

 

第二次世界大戦中、300万人の人が住むソ連のレニングラードという街をナチスドイツが包囲した。食料はもちろんのこと、レニングラードに通ずる全ての物資の供給路が遮断された。

 

 

 

900日も。

 

 

 

厳冬の中あっという間に食料は尽き、ついに人が人を食べるという最悪の状況になった。

 

 

 

女・子供の肉は食べやすいという噂が広まり、飢えだけでなく「食料として」襲われる心配もしながら生きていかなければならなかった。人間の肉を売る闇市場まで現れた。

 

 

 

もちろん犬やネコも次々に捕まえられて食べられていった。ネコ一匹がある人の給料一か月分の値段で売られていた。

 

 

 

病気になり、極度の栄養失調に陥った隣人を助けるために、自分の大事なネコをあげた女性もいた。そのネコは泥棒に奪われてしまった。

 

 

 

街からネコが消えた。900日で100万人が死んだ。

 

 

 

 

冒頭の文章はこの地獄の中で家族全員を失い、若干12歳にして自らも幼い命を散らしたターニャという少女の日記を絵本にしたものなんだけど、一人でこれを書いている時どういう気持ちだったんだろう…

 

 

 

この現代に住む僕らには事実と言われても全然実感できないけどほんの60年ほど前の出来事だ…

 

 

 

人間は自分達の作った世界に守られてあらゆる生命の頂点に立っているような気でいるけど、他の生き物達からすればそれって虚構で塗り固められた完全なエゴイズムなんだろうな。

 

 

でもそうしないと、人間は生きていけない。

 

 

 

 

 

30793646.jpg