14年

今でも昨日の事のように思い出す。暗闇の中での終わらない揺れ、テレビをつけると燃えさかる見慣れた街、延々とエンドロールのように続く犠牲者の名前。そして身近な人の死の知らせ。
 
 
 
自分の家や店が燃えて、絶望に打ちひしがれて自ら炎の中に飛び込んだ人もいるって聞いた。
 
 
 
あの時は僕も子供だったから何もわからずただ状況に身をまかせてるだけだったけどあの最悪の経験は毎年1月17日が来る度に思い出すし多分これからもずっとそうなんだろう。
 
 
 
あの日亡くなった人の為に僕なんかが何をできるなんて思わないけど、決して忘れることなくあの日の記憶を背負っていこうと思う。
 
 
 
 
 
そして生きてる意味を作りたいと思います。
 
 
 
 
 
黙祷。
 
 
 


Comments are closed.